logo株式会社テルテック

 

ご注文はSDNIコスモへ

コスモペリオエンドシステム

TYPE−F コスモiキュアCM−025

 電気メスは従来組織の切開・凝固に使用されますが、本機ではそれに通電の出力、時間を調節する機能を付け、より繊細な熱コントロールをおこなう事が出来ます。
 根管治療では、湾曲根管の歯髄焼灼や残髄の蛋白変成等に使用されます。 歯周治療では、不良肉芽の掻爬や膿胞を最小の侵襲で排膿させる為に使用されます。
  その他、超音波スケーラー、超音波拡大、イリゲーションが背面のタンクからモーターにより注水され、根管長測定機能も搭載してます。

高度管理医療機器:クラスV 医療機器承認番号21600BZZ00125000

定価¥1,380,000 (税別)

製品カタログ(PDF)ダウンロード

 

1、超音波ご使用時の注意点(ワンポイント!)

【超音波】

  • 超音波発振中はハンドピース内に水等を多めに流しながらご使用ください。
    (ハンドピース内振動子と根管内、歯周ポケット内の温度上昇防止の為)
  • 先端チップから水の出が悪い場合はファイルホルダーからUファイルを取り外し、超音波洗浄器等でチャックの塵を取り除き再装着してご使用ください。
  • ファイルホルダーのチャック締め過ぎは注水が出来なくなりますので、Uファイルが抜けない位に締めてご使用ください。  
    (締め過ぎたチャックは、チャックの溝が斜めに傾き復元できません)
  • Uファイルの取り付け長により超音波振動が大きく変化しますので、振動不良の際はUファイル長さを変えるか新しいUファイルに交換してご確認ください。
  • 振動が全く確認出来ない場合はファイルホルダーのチャックの亀裂をご確認ください。
    (僅かな亀裂でも全く振動しません)

【EMR】

  • EMR測定の際は器械のメインスイッチを入れ、ピコピコ音が鳴ったのを確認した後に患 者様の口角にS字対極、リーマーファイルにEMR用ファイルホルダーを掛けてご使用ください。
    (音前に装着しますと抵抗が変わり、測定が正確にできません)
  • EMR測定用のS字対極の装着が緩いと測定が安定しませんので、その際は新しいEMEケーブルに交換してご使用ください。
    (EMR用ファイルホルダーも同様です)

2、高周波ご使用時の注意点。(安全にご使用頂くために)

【高周波】

  • 電気メスチップをハンドピースに装着する際は、メスチップの金属シャフト部を深く挿入し、金属部が露出していない状態を確認してご使用ください。
    (生体との接触による火傷防止の為)
  • 対極としてのアースはハンドグリップ(対極棒)ですので、それを患者様にしっかり握って頂き、決して高周波使用時にEMR用のS字電極を併用して口角に留置しないでください。
    (S字対極とメスチップでの接触漏電や、接触不足による口角火傷の原因となります)
  • 高周波通電時でのメスチップ先端の位置固定は温度上昇を招きますので、チップ先端は絶えず移動させながらご使用ください。

※ 高周波機器ご使用に当たりましては、各ケーブル類の被覆・接続を確認し、医師等の資格ある熟練者が取り扱い、機器及び患者様に何かの異常がないことを絶えず監視すると共に、異常が有れば安全に即対応(停止等)出来る状態でご使用ください。

また、その他のご確認等がございましたら弊社へご連絡下さい。

Copyright©2011 All Rights Reserved THERTEC CO.LTD Dental Diathermy Service

東京都新宿区住吉町1-23 サンメゾン大谷101号 TEL 03-6380-0923 FAX 03-6380-0984